大阪・阪神間の賃貸アパート建設・賃貸住宅経営はKTI建設工業

資料請求・お問い合わせ

私たちの強み コストパフォーマンス

ツーバイフォー工法ならではの
高いコストパフォーマンスで、
賃貸住宅経営に優位性をもたらします。

ツーバイフォー工法だからできるコストダウン

ツーバイフォー工法はコストパフォーマンスに優れた工法です。あらかじめ工場で壁パネルなどを生産し、プラットフォーム工法の特性を生かした建築方法なので、鉄筋コンクリート造と比較して工期を短く抑えることができます。また、建築コスト自体においても、ワンルームタイプのアパートの場合、鉄筋コンクリート造に比べて、約20~30%コストを抑えることが可能です(※当社実績による)。

減価償却が早い

ツーバイフォー工法によるアパート建築は、減価償却期間が短い点も魅力です。鉄筋コンクリート造の法的耐用年数47年に対し、木造物件(ツーバイフォー工法)は22年。大幅に耐用年数が短いため、この点において償却資産に対する課税を算出する際の減価率がツーバイフォー工法によるアパートは大きく優れており、有利な資産運用が期待できます。

火災・地震に関する保険が安い

一般的な木造住宅は、火災保険ではH構造、地震保険ではロ構造と呼ばれる区分に分類され、鉄筋コンクリート造・鉄骨造の建築物に比べると保険料が高くなります。しかし、ツーバイフォー工法で建築されたアパートは、木造住宅でも準耐火構造に準ずる防火性能を持つ、「省令準耐火建築物」として認められるので保険料を安くすることができます。ツーバイフォー工法による木造賃貸アパートの利点は、このように保険の面でも垣間見ることができます。

修繕費が安い

修繕費の観点から見ても、木造物件(ツーバイフォー工法)にはメリットがあります。RCでは配管がコンクリートで埋まっているといった、リフォームや水回りの修繕を難しくする構造になっている場合があります。しかし、木造は建築構造が単純ため、リフォームやメンテナンスがしやすいというメリットもあります。