大阪・阪神間の賃貸アパート建設・賃貸住宅経営はKTI建設工業

資料請求・お問い合わせ

お知らせ・最新情報

竣工物件紹介「ガーデンテラス春日」

大阪府枚方市 に建つ「ガーデンテラス春日」

「ガーデンテラス春日」は2棟からなる貸事務所、テナントを想定した物件です。府道「東高野街道」に接しロードサイド(幹線道路沿いなど)型の土地利用計画としてユーティリティ性の高い利用を想定し「ユーティリティ・ハウス」をご提案させて頂きました。
1階2階を1区画として使用し、計7戸。1階部分はテナントや倉庫、ビルトインガレージを想定し、2階は概ね事務所使いを想定して計画をさせて頂きました。「ユーティリティ・ハウス」では幅広い用途に合わせてコンバージョン可能なよう、木造でありながら区画内の壁を極力少なくし、入居者が使い方を決めて頂けるようにしております。
全面道路は交通量も多く近くにはホームセンター、コンビニエンスストア、他テナントや事務所などがあり、十分な需要があることが見込めました。結果としても予想を超えるものがあり、竣工前に全戸契約となっております。

※「実例集」コンテンツから詳細をご覧いただけます。<詳しくはこちら>

「ガーデンテラス春日Ⅰ」4戸 各戸に専用の駐車スペースがあり、各玄関 シャッターから出入りできるようになっております。1階はそれぞれの用途に合わせて改装されている方もおられます。

「ガーデンテラス春日Ⅱ」3戸  Ⅰの成功を受けて、Ⅱを着手させて頂きました。退去の関係で奥には従前建物の店舗が残っておりますが、時期がくればⅢ期計画が可能な土地利用として計画させて頂きました。

 

 

「計画地に合わせたユーティリティ・ハウス」

「ガーデンテラス春日」のようなロードサイド(幹線道路沿いなど)での需要が見込める計画地では土地の条件や賃貸区画面積、想定用途など前提条件を整理した上での多様性(ユーティリティ性)を持たせることが大切となっております。また、幹線道路ではないような住宅地でも前提条件の整理をすることで「ユーティリティ・ハウス」の潜在的需要があると認識しております。
昨今は多様な住まい方、多様な働き方が求められる時代であり、サブスクリプションが注目を集めるようにサブスク住宅、サブスクオフィスのような形態も現れ、ダブルワークやSOHO(パソコンやインターネットを活用して自宅など小規模のオフィスで仕事をする形態)など、個人で事業をされる方なども増えており、多様な時代背景のなかユーティリティ性のある計画は時代のニーズにマッチした建物であると言えます。また、職人さんなどの事務所といった根強いニーズも依然健在といえます。
ユーティリティは「様々な用途をもつ・万能の」という意味で使われ、ユーティリティ・プレーヤーやユーティリティ・ルームといった言葉のように、それらと同じ意味あいで「ユーティリティ・ハウス」と言うとさらにイメージして頂きやすいかもしれません。
倉庫として使っても、事務所や、ガレージハウスのような使い方も、場合によってはお店として使用することもできます。(用途にあった申請が必要になります)
今後、KTIとしても今回の計画のような「ユーティリティ・ハウス」をご提案せて頂く機会を頂ければと思います。ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談くださいませ。

「実例集」他のユーティリティハウスをご覧いただけます<フォルトゥーナ>

「実例集」他のユーティリティハウスをご覧いただけます<エスペラン桜の町>

 

 

 


土地活用・賃貸住宅経営をお考えの方は、
賃貸アパート・デザイナーズアパート建築のパイオニアである
私たちケーティアイ(KTI)建設工業までお気軽にご相談くださいませ。
スタッフ一同、ご相談を心よりお待ち申し上げております。
※資料請求・お問い合わせはこちら

 

 

お知らせ・最新情報 一覧へ戻る